2014年08月12日

カメラ:シャッター速度1兆分の1秒以下 東大と慶大開発

001.jpg
1兆分の1秒よりも短い時間ごとの連写撮影ができる世界最高速のカメラを開発したと、東京大と慶応大の共同研究チームが10日付の科学誌ネイチャーフォトニクス電子版に発表した。



001.jpg

従来の高速カメラの千倍以上高い性能で、これまで捉えることが難しかったプラズマ現象や化学反応などを鮮明に撮影できる可能性があるという。

1兆分の1秒(1ピコ秒)は、1秒で地球7周半もする光が0・3ミリしか進まないほどのわずかな時間。このカメラは、1秒に1兆回以上点滅するフラッシュに相当する光をさらに波長ごとに細かく分け、次々に被写体に当て、連写画像を得る仕組み。
http://mainichi.jp/

にほんブログ村 ニュースブログへ
posted by 赤髪シャンクス at 21:00 | Comment(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。